喧嘩稼業10巻 感想と描き下ろし部分の解説




管理人の九兵衛です(^^)

本日(4/6)喧嘩稼業コミックス10巻が発売されました。

細かい掲載内容は毎週感想をアップしていますので、ここでは割愛させて頂きます。

10巻表紙

裏表紙

収録内容

67話「再び」
68話「俺が入江文学だ」
69話「禿鷹」
70話「重戦車」
71話「ひき逃げ」
72話「孤高」
73話「陽光」

※連載時とは話数がズレています

 

無料登録でコミック1冊読むなら

こちらから

 

10巻の描き足し部分

エピソードの追加はありませんでした。

ここはちょっと残念でしたが、その分追加の描き足しは今回も多めでしたね。

 

ストーリーに影響出そうな部分だと、

第三試合がアングラの賭けの対象になっていたというところですが

櫻井に賭けが集中しすぎて、結局賭けが成立しなかったようです。

 

さらにタンと謎の男が入江文学に興味を持ち始めるという描写も追加されていますね。

このあたりは世界編への伏線なんでしょうけど、、、伏線の回収はまだまだ先の話になるでしょうね。

気になるタンの横の謎の男の正体もしばらくは放置されそうですね。

 

★以下追加箇所

・入江と櫻井の龍虎で対峙の前4ページ(見開き)分描き足し?
・第三試合終了後にタンと謎の男の会話(2ページ+コマ割り変更)
・観客に爆笑問題の田中(ネタ意味下記)
・最後の日の本一の戦いコマ割り変更

全て見比べたわけではないですが、確認できた主な描き足しはこれくらいですかね。

喧嘩稼業と爆笑問題の田中

爆笑問題の田中が賭け事をしているというのは

田中に賭け麻雀の疑惑があり、爆笑問題のラジオでネタになっているというのが元ネタのようです。

爆笑問題のラジオに「喧嘩稼業という漫画で300万ドル賭けている田中裕二の描写があるほど、世間の賭博疑惑が高まっています」

という投稿もあり、田中の賭博疑惑はちょくちょくネタにされています。

 

10巻に描き足しされている田中は猫を抱いていますが、猫好きでも有名です。

相変わらず芸能情報に詳しい木多先生でしたw

感想

描き下ろしがなかったのは非常に残念でしたが、掲載内容的には衝撃回の部分ですね。

やはりコミックで見直すと世界編へのフリが気になってしょーがないですが、、、今の掲載スピードだと先の話はどーにもできないと思うので目先のトーナメントを頑張って描き終えて欲しいですね。(毎回言ってる気がする)

 

感想は毎週やっていますし、今回は描き足し以外は1コマネタとかも何もなかったので特別にはないですね。

11巻の描き下ろしに期待したいですね。

 

PS
川口父と三代川って似てませんかね?

喧嘩稼業11巻のレビューはこちら



14 件のコメント

  • 10巻も内容は面白くて最高だったんですが編成に不満が少しありました。
    入江櫻井戦は9巻に全て収めて上杉と里見の交渉を10巻に入れて欲しかったですね。
    そうすれば10巻も鉄砲からの素首落としで衝撃の引きに出来たのになぁと思います。
    自分は連載を追っているので関係ないのですが単行本派の人への配慮がないように思えます。
    これは編成担当な人のセンスの問題じゃなく、連載が遅れる➡︎本来載せるつもりじゃなかった書き下ろし用の原稿でしのぐ、という悪循環からズレているのかもしれませんね。
    カブトの墓参りの話とかも載せてたときもありましたね

    • 上さんさん
      確かに9巻の構成は微妙だったかもしれないですね。
      連載が遅れているので今後も描き下ろしには期待できなそうですかね・・。

  • 爆問田中はタマなしネタもありますね。商売でも樋口戦のときネタにされてましたね。そう考えるとここでの田中登場はこの試合の結末の伏線だったのかもしれませんね。

    • カイさん
      そーいえば玉なしネタもありましたね。忘れていました。
      思えば確かに櫻井の最後とかけていたのかもしれないですね^^; どっちもなくなりましたが・・。

  • ご無沙汰しております。久々にコメントさせていただきます。既知の情報かもしれませんが、単行本版の帯に、例の コミックDAYSのQRコードがついていて、特設サイトで商売時代の工藤優作編(といっても商売5巻~6巻あたりの抜粋ですが・・)が期間限定で読めます。謎の「喧嘩稼業別巻」は執筆中で、コミックDAYSのプレミアム会員になって、ポイントを貯めて(毎月200ポイント)読ませる?算段でしょうか?コミックDAYSでしか読めない話を盛り込むのかなと・・。ポイント消費は、作者に一定額、還元されるでしょうから、木多先生もモチベーションあがるでしょうから・・。推測の域を出ない話しですが。

    • 怪物を超えた怪物さん
      お久しぶりです!コメントありがとうございます。

      情報ありがとうございます。

      確認取っていましたが、記事に入れてませんでした。またブログでも情報追加しておきますね。

      あと、別巻の追加分の読む方法も判明しましたね。

      こちらの情報は私のTwitterでも流したのですが、

      月額720円+540円(10巻購入)ですね。

      Twitter
      九兵衛のTwitter

      今後ともよろしくお願いします。

  • 9巻が出た時から入江文学VS桜井の試合は9巻で収めてほしかったって意見を
    ちょくちょく目にします。自分も最初は同意見でした。
    でも上杉&里見のエピソードよりも圧倒的にページ数が多い「再び・・・」「俺が入江文学だ」・・・それにヨシフの「禿鷹」を9巻に収めるのはページ数的な問題で不可能だと思います。
    (仮にギリギリ「禿鷹」を9巻に入れなかったとして、10巻で上杉&里見前編、禿鷹、川口VS金隆山、上杉&里見後編という構成になれば禿鷹が余計かと・・・)
    もう一つ重要な問題で「単行本表紙問題」が絡んできます。
    これは9巻発売前から「誰が表紙なんだ?9巻はすでに表紙に登場済みの文学と桜井以外見せ場ねぇぞ・・・」と思っていたのですが、上杉&里見のエピソードを入れた事により表紙が里見になりすっきり解決しました。
    以上の理由から単行本の構成はうまくいってるように思いますね。

  • 九兵衛さま。更新ご苦労さまです。

    10巻忘れていました。(^^; 予約注文を入れいてたのが電子版のみで今日コミック到着。
    感は、九兵衛さんと同じですね。 連載の速度感が落ちていてるのでコミックの進行との差も開いてしまうので。 なので書き足しの少なさは致し方ないのかなと。 自分としては文さんの左鉤突きからの展開が未だに腑に落ちてないなというのが大きかったです。(^^) 漫画家が一番大変な稼業ですね。
    電子版はfireHD10かiPad Kindleアプリで見ていますが、龍虎は電子版の方が一枚絵としてとても良いですねー 。 見開きシームレスは本当に快感。 スタッフロールの夢斗横顔も素敵。

  • 若かりし頃の名護が主役だった別巻が加筆修正されて限定配信されているみたいですがあっちの方の内容はどんな感じなんでしょうかね

  • はじめまして。いつも楽しく拝見させてもらってますm(_ _)m
    いつもヤンマガ読むの我慢してコミック買うってパターンなんですけど気になって気になってこのサイトだけはチェックしちゃいます。
    でもヤンマガ読んでない分コミックが面白く感じます。リアルタイムじゃなくて稼業が完結してから初めて商売→稼業って一気に読めたらチョー面白いと思います。
    これからも木多先生ペースでも文句はないので更新頑張ってくださいヽ(*´∀`)ノ

  • はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
    私は連載からですが、コミックス派の友人に連載の方を後から見せるのですが、コミックスの方が面白いと言います。
    最初に見た方のインパクトが残りますので当然かなと思います。
    言えることは、作者にとって収入に直結するコミックスが一番大事です。だから読者の事をより考えているのはコミックスの方だと断言できます。理由はともあれ加筆もコミックスならでは、編成も作者が思うベストな選択になっています。
    より濃い読者には更に特別版、喧嘩稼業とは関係ありませんが、設定資料、画集などを提供したりします。
    駄文失礼しました 笑

    • ワンターレンさん
      コメントありがとうございます。
      原稿料は有名な先生でも激安だって話ですからね。コミックが売れて欲しいのは漫画家さんならみんなそうなんでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。