喧嘩稼業55話の考察と感想




管理人の九兵衛です(^o^)

今週は喧嘩稼業が休載なので先週号に掲載された喧嘩稼業55話の考察などしていきたいと思います。次週は掲載予定です。あと今週の金曜にコミックス5巻も発売します。

(最下部に詳細記載)

気になった点まとめ


★徳夫の煉獄対策とは?

徳夫が煉獄対策を用意していたとありました。

『それは大きなダメージを負うが煉獄から脱出可能というもの』という説明文がありましたね。

この時点で、僕が思ったことは徳夫でもスルスル回避できるのは全然無理なんだってことですね。

というか天才っていうんだから、そのくらいの回避を見せてくれると期待してたんですけど、、、。この感じでは補正もある十兵衛に勝つのは不可能なレベルでしょうね^^;

 

大きなダメージを負うというのはどの程度のダメージなのか。骨折まで行くのか?次の試合へ影響が出るほどのものなのか・・。用意しているというのは、おそらく最悪の場合は使うという感じで、大きなダメージを負うわけだから徳夫的には使いたくないのでしょう。

ましてや十兵衛相手には使わないハズ。入江文学を警戒していたので文学対策、もしくは何かしらで煉獄の本当の使い手が上杉だと知っていれば上杉と戦う用の秘策という感じか・・。

とはいえ、このフリが入ったってことは十兵衛戦でほぼ間違いなく見せてくれると思います。そして回避しきれずKO負けって線が濃厚な気が・・。トドメは煉獄っぽいですねー。この試合は煉獄で始まり煉獄で終わると予想します。


★徳夫のダメージ

 

高野が駆け寄ったときに「折れていない」と言ってますが、ダメージの程はどうでしょう・・。

足元はふらついてましたし、今までこんな殴られた経験ないよ的な発言もありました。

とりあえずは骨折など攻められたらヤバイような怪我はなさそうです。まゆのカットがリアルだなと思いました^^;

 


★道着を脱がそうとした理由は?

同じシーンで高野が徳夫に声をかけて道着を脱がそうと誘導しますね。

直後に高野が失敗したような表情で、十兵衛が「仕方ない。だが呼吸は整った」と一言。

単なる時間稼ぎだったか・・。何か今後に繋がる伏線か・・。以前に高野に「駄目だ予想してたのと違っていた」というセリフが道着のことをさしてたのかもしれませんね。(ただ、それだと高野も確認できそうですが・・。)

個人的には、これは特に深い意味がなく読者を困惑させるだけの件と予想。梶原のときも道着に仕込みあるように散々思わせておいて、結局何事もなく脱ぎすてましたからねw

 


★川上と徳夫のこの後の関係

これはこの先絡んできそうだと思いました。

徳夫は「なぜ止めない?」と疑問に思い、川上には川上なりの止めるに止めれない理由があった。

ちなみに、これは僕が予想していた通りの展開といえば展開です。川上は裏切っていないが何らかの理由で徳夫が川上を疑う・・。

まぁ僕は屍が絡むと読んでましたから、ネタは全然当たりませんでしたが、実際に川上は裏切ってないが試合中に徳夫が川上に対して不安を感じるという流れは当たっています。 徳夫が川上を疑い始めた辺り、今後の試合のキーポイントになりそうです。

 

★舐められ続ける関さん

またまたディスられた関さんw

コメントでも触れていた方がいましたが、これは関さんの覚醒フラグでしょうかね!?

いや、僕はそのままの死亡フラグだと読んでます(^o^)

関はあっさりと睦夫に処刑されると思います。

むしろ関の陽側としての強さ強調は、睦夫の強さを強調させるための煽りに見えますね。

 

★芝原ジュニアがお調子乗りすぎな件w

芝原佑・・。いや、本当に僕は嫌いですわw

飛行機では十兵衛の安い挑発にムキになり、田島が家に来たときも安い挑発でイライラMAX・・。

小物を絵に描いたような彼ですが、、、果たして今後の活躍はあるのか・・。

梶原さん亡き今、喧嘩稼業の汚れ役は佑くんが継承するのか・・。乞うご期待w

ちなみに喧嘩稼業51話で芝原剛盛が「悠」と呼んでるが正しくは「佑」

予想の答え合わせと新たな予想

前回の記事では・・

煉獄が数発入ったところから、徳夫くんがスルスルっと抜けてしまい軽く煉獄から脱出することに成功! さすがは天才佐川徳夫!どーする十兵衛ちゃん!?

 

という予想でしたが、ご覧の通り大外れでした^^; 真逆で徳夫は普通に煉獄を喰らい続け、しかも秘策ですら大ダメージを受けるというもの・・。この時点で徳夫を買いかぶりすぎてしまってました。煉獄の技としての完成度も舐めてました^^;

 

これを踏まえて今後の予想を少々・・。

●確定レベル
・徳夫の敗北
・トドメは煉獄

●そんな気がしてきた
・屍は登場しない

 

今週の徳夫の姿が最後の姿と完全にダブって見えてしまいました。今まで弱さをいっさい見せなかったキャラだけに、なんか試合結果は確定しちゃった感はあるかなーと思いました。トドメの煉獄も始まりの煉獄と終わりの煉獄を意味しているのかと思いました。

あと、さんざんコーナーに寄りかかっているし、話の流れ的にも屍はいらないかなーと思ってきました。

 

十兵衛の仕込みまとめ

徳夫戦でここまで見せた十兵衛の全仕込みです。

・試合前に血液ドーピングをする
・カワタクにジェスチャーさせる
・徳夫にバックブロー誘導
・クラスメイトをさくらで使い会場の空気作り
・睦夫を動かし動揺を誘う
・ブザーをわざと鳴らす(さくら)
・徳夫と睦夫を呼び間違える(さくら)
・煉獄で試合開始前に不意打ち
・川上と接触し動きを止める
・読心術をあえて読ませる
・道着を脱がさせる?(失敗)

 

十兵衛すげー!

というより、木多さん凄すぎww

まとめ

最終予想になりますが、、、

煉獄で十兵衛が勝つと予想。

 

徳夫は最後に煉獄対策を見せようとしますが不発に終わる。

注目ポイントは徳夫の技(日拳)とか、川上や父親がどう絡むかなどですね。

この漫画の醍醐味でもある、試合後の場外戦での睦夫の動きにも大注目です。

あとは芝原サイドの作戦も気になるところですね。十兵衛が勝ったときの佑くんのリアクションが早く見たい。とりあえずは、次週のファーストコンタクトに期待です。

※次回は56話より先に5巻のレビュー記事を更新予定です。

 

★おまけ

 

「さすがタンのお気に入りだ」

って、タンは十兵衛のことそんな気に入ってなくないか?

というか、この仕込みを見ても田島は十兵衛への評価が上がってないのか謎・・。

一応は田島は十兵衛の上位互換という設定なハズだが・・。田島からすればあの程度の仕込みは楽勝なのか。



34 件のコメント

  • 更新お疲れ様です!!!

    木多先生の仕込み流石でしたね。金田戦の仕込みがグレードアップしてましたね!
    もし、十兵衛がトーナメント上位まで進めば、逆にこの仕込みをブラフで使えそうな気がします
    徳夫戦では、川上がキーになる部分がありそうですね。十兵衛が即行で試合を再開させたのは、徳夫を回復させないためというのがメインの理由ですが、川上と徳夫が会話するための時間をも与えないという意味もあったかも知れません
    川上は明らかに澤以下の無能と思うので、もしかすると十兵衛が敗北する寸前に、ブラフか何かに引っかかり、先の失態を返上するために勘違いで試合に乱入などして徳夫の反則負けというのもありそうですw
    高野君も、失態を責めてましたし、今の川上の精神状態はかなり不安定な気がします

    煉獄対策は、煉獄の繋ぎのタイミングに合わせて道着を自分に引っ掛けるなどして、無理矢理次のパターンをずらしたりするのかなー、なんて予想してます。防御を放棄して5手をモロにくらう代わりに、パターンズラして脱出とか・・・

    • おいどんさん
      コメントありがとうございます。
      色々と考えられており、驚きです。。。
      川上はひとつ大きなポイントになりそうですね。
      煉獄対策に関しては、煉獄のパターンを崩すのが一番有り得そうですかね・・。

  • 道着を脱がそうとしたんじゃなくてあばらが折れてるか確認したかっただけだと思いましたが
    理想はあばらを折る的なこと言ってたし

  • 引き続きコメントさせて頂きます!

    皆さんのおっしゃる通り、僕も、やはり川上がキーマンの気がします。
    あまりに無能扱いなので、覚醒フラグも匂わせてますが…

    徳夫には「直突き」もですが、日拳にも色々技がありますのでそれを見せてほしいですね。
    まぁ負け確ですけどね(笑)

    個人的に気になる事は、「徳夫の父・雅夫の幻覚が精神崩壊か覚醒かどう転ぶか」と「徳夫と川上の今後」ですね。

    一時期、雅夫を徳夫が殺したのでは?と思ってましたが、ミスリードで実は、徳夫でも睦夫でも無いと予想してます。自信無いですけど…

    • 餓○伝の梶原さん
      コメントありがとうございます。
      川上はかなり絡んできそうですね。。。
      父親殺害事件の真相も気になるところですね。犯人が睦夫でも徳夫でもないとなると・・。

  • 十兵衛の戦術って本来なら自分にとって厄介な要素でしかない相手の強みを逆手に取って罠に嵌めるみたいなのが多いから殊更すげえって思うんですよね。徳夫は目の良さとか洞察力を完全に利用されてる。そのうえでもちろん弱点は突くしさくらも使うし、ほんと一人だけ試合でも立ち合いでもなく喧嘩してるなぁと。徳夫のスマートな強さをこれでもかと印象付けしておいて初っ端からぶっ壊していったのでカタルシスやばいです。

    芝原ですが、誰かのトーナメント予想で上杉に勝つものの試合後死亡。2回戦からなぜか息子の佑が出てきて普通に勝ち上がり、決勝で十兵衛を倒して田島に負けるみたいなのがあって「いや、なんでだよ!」って笑いました。

    • 流さん
      確かに今回の徳夫戦のロジックはヤバイですよね。よく考え込まれていると思います。

      トーナメントに関してはリザーバーはいないとなっていますが、負傷者が出た場合の対処については明記されておらず、トーナメントの構成的に同じ競技関係者がセコンドについていることからも、セコンドの代打出場って線はあながち的外れな予想でもないとは思います。

      が、佑が決勝まで進むとかは厳しいでしょうかね^^; ただ、代打で佑とか川上のトーナメント出場とかはありそうかなとも思います。

  • 今回の十兵衛vs徳夫の試合中にはないと踏んでいますが
    今後なんらかのタイミングで発生すると思われる「睦夫からの奇襲」
    にも期待しています
    十兵衛も徳夫も、気づかない内に睦夫から背後をとられているのが
    なんとも不気味です
    トーナメント期間中に「参加者を襲う」のはアウトですが
    「敗者を襲う」のはどうなのでしょうか(セーフ?)
    「正当な理由なく」という文言も気になります
    試合後、睦夫が敗北した徳夫に襲い掛かり
    「父さん(十兵衛)、途中で負けたら徳夫みたいにするからね」
    と言ってドン引きする十兵衛の図、に期待します

    • 隔週連載微増ページ希望さん
      睦夫がどう動くかは気になりますね。
      『敗者側からは打てる』と澤が梶原さん敗北後に吉田に銃を向けて言ってましたから、負けた者は自由に動けますが、トーナメント参加者はトーナメント中は下手な動きができないとも思えますね。

  • 毎週更新お疲れ様です!

    久々の煉獄が見られて大満足です!!

    道着は屍を当てるために脱がそうとしてる気がしますね、、、

    • ぶんぶんさん
      ありがとうございます。
      屍出てきますかねー。楽しみですね。
      次回は今週金曜に5巻のレビューをアップする予定です。。。

  • 敗北して壊れ始める佐川弟。
    部屋で布団を頭から被ってすわっている。そのとき外では佐川兄の試合。
    「佐川ー!」(観客の声)
    「・・佐川?」
    うなだれたまま、竜「・・・はい、今お兄さんが戦っています。」
    (戦う・・?誰と・・・?)
    (いや、決まっているじゃないか、兄はいつだって・・・。)
    ここで佐川父殺害の記憶。
    背後から父を刺そうとするも気づかれてナイフを叩き落され、続いてフルボッコに。そのとき佐川兄が弟を助けて父を惨殺。そのトラウマで兄弟とも狂ったのだった。。
    (そうさ、兄貴は今も俺のために、親父と戦っているんだ。)
    「・・兄貴。今度こそ、俺が刺すよ・・。。」
    試合場では佐川兄が関を破壊し始めていた。血まみれでそれでも構える関。
    そのとき、会場に佐川弟が乱入。弟には関が親父に見える。やっぱり、兄貴は俺のために。。。
    佐川弟、手にはナイフを持って、金網に取り付く。
    「・・兄貴!!ごめん!今度こそ俺が刺すよ!」
    「おまえ、なにやってんだ!」虎が急いでとめる。弟、虎を切りつける。
    佐川兄、一瞬弟を見るために視線を逸らす。。
    (ここで解説:メダリストと格闘家との違いは・・・メダリストの絶対なまでの集中力・・・云々)
    関は弟の乱入にも、虎が切りつけられたことにも視線を動かさない。ただひとつ、佐川兄の視線が逸れた事に気づいて・・・ダッシュ、崩して、投げる!
    関勝利!
    佐川兄、気絶前に弟にほほえむ。これで佐川兄弟から父の幻想は消える。佐川兄弟は喧嘩家業からは退場。
    かわりに陰の恐ろしさを知った関誕生。
    文学舌打ち「ちッ!最悪のシナリオになりやがった。」

    • 陣六さん
      予想までありがとうございます。
      もし流れなど当たって部分などは本記事内で紹介させて頂くかもしれません。
      よろしくお願いします。

  • >いや、僕はそのままの死亡フラグだと読んでます(^o^)
    >関はあっさりと睦夫に処刑されると思います。
    >むしろ関の陽側としての強さ強調は、睦夫の強さを強調させるための煽りに見えますね。

    睦夫って初登場が最格ではない通常の話で、わざわざ一話使って紹介されてるんですよね。
    しかも喧嘩商売の最終24巻の最格は長編という、結構特別扱いなんですよね。
    田島と直接対決したこともある、弟が恐らく十に敗北、本人は十を徳夫と思い込んでいるという因縁もあるわけで。
    これらを踏まえると陰陽トーナメントのラスボス候補かなと思ったり。

    逆に関は後付け感ありありなのと、今のところそれほどキャラが掘り下げられていないという。
    睦夫と比べるとキャラクターとしての作りこみが浅すぎるんですよね。
    4大会連続金メダルとか、金田を秒殺とかキャラ付けがあまりに記号的すぎて、いまいちこのキャラが勝ち上がった時の魅力が感じられないというか。

    • 3試合と6試合が速く見たいさん
      そうなんですよね。睦夫の扱いは商売時代から結構良いんですよね。

      トーナメント上位に上がるのをあくまでストーリー的な読みだけで考えると、

      ①田島との因縁
      ②十兵衛(主人公)との関係

      このへんはやはりカギになってくると思うんですよね。

      そー考えると、関とかカブトなんかも論外ではありますね。今のところ十兵衛とも田島とも絡みゼロですし・・。

      ただ、柔道選手は十兵衛サイドとは因縁みたいな雰囲気はありますから・・。ストーリー以上の展開もあるかもしれませんし。

      僕も第六試合が一番楽しみですね。何気に反町VS三代川も楽しみです。

  • 徳夫は連獄を不完全ながら暗記している、ってのが伏線かとおもうので、
    徳夫の連獄対策は、五手のうちの一撃見は食らうものの、残り四手は何が来るかわかるのでかわしきり、十兵衛がうち疲れるまで耐えきる、と予測します。
    抜けている何手かと、一手目は分からないのが、「ダメージを食らう」ってことかなぁと。

    なおかつ、うまくいかずに負ける、と。

    • グローバルホークさん
      コメントありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

  • 初めまして!いつも楽しく拝見してます!
    書きこむのは苦手で今回初めてコメントします!

    今回のまとめ考察ではありませんが、開始ブザー鳴る前に仕掛ける十兵衛ちゃんマジ鬼畜w
    こんな主人公『今日から俺は!』の三橋以来でしょうか
    しかも失格にならないだけの状況を用意する周到さに感心します!

    一年ばかり黙って応援してきましたが、これからは慣れないカキコミも頑張ってみます。
    木多先生の病気(仮)、重力(高)で休載が多く更新大変でしょうがw楽しみにしてます!

    • ノリはいらない!さん
      コメントありがとうございます。
      展開良い感じですよね。というか稼業に入ってから止まらない勢いありますね!

      コメントはしにくい気持ち分かります。僕もニコ生ではコテハンとかつけれないタイプなのでw

      今後ともよろしくお願いします^^

  • ダメージを負うが脱出可能ってどんな技なんでしょうねー
    想像もつかないです。
    そういえば入江パパも防御に徹していましたし、
    お薬状態の金田も一手一手は見えて反撃しようとしても間に合わず
    煉獄から抜け出せませんでしたし、
    工夫なしでは一撃目を入れられないとはいえかなり強力な技ですね。

    ドラゴン川上は終盤に煉獄食らって
    佐川が脱出用の技使う前にタオル投げたら面白いんですがねw
    傍から見れば脱出不能な技ですし、
    最初の煉獄で止めに入らなかった負い目からタオルを投げてもおかしくないと思います。

    • toiさん
      何でしょうねー。
      今まで完全に入った状態からの脱出はできていないので、それが大ダメージは負うけど可能ってことなんでしょうけど、里見のように当たる前の一撃目をかわす技ではなさそうです。

      ドラゴンのタオル投入も面白そうですね!

  • 徳夫に勝って工藤と戦うことになると1回戦でボロボロの工藤はかなり不利になってしまうので十兵衛も何かしら大きなダメージを負うのではないかと予想します!

    • オクタゴンさん
      十兵衛もダメージは負うでしょうね。お約束の「佐藤十兵衛はここからが強い」もありそうですし。

      ただ、工藤って失明した以外では、骨折とか後に引く大きなダメージとか何気にないっぽいんですよね。

  • いつも更新楽しみにしてます。

    初めてコメントします。
    僕も九兵衛さんと同じで煉獄で倒すと思ってます。
    石橋は高山でしたし、工藤は金剛っぽいですし…

    早く煉獄対策とそれを逆手に利用する十兵衛が気になります。

    • ダーミスさん
      初コメありがとうございます。
      流れ的には煉獄くさいですよね^^;
      徳夫の煉獄対策はかなり気になりますねー。早く見たいですね。

  • 徳夫は新冨田流奥義で工藤が新金剛(二重金剛とか)だと思います。
    5巻買いましたが、自分の工藤の魅力は工藤が適当な右のパンチを打つとこですw
    決してフェイントではない石原レベルでも簡単に避けられるパンチをww
    命中すると死にますが。

    • Tさん
      ここで新奥義でますかね!?出たら驚きますが。。
      確かに工藤の素人っぽい戦い方は魅力ですよね。あくまでタフネスが売りという単純な強さはシビれます!

  • 初めまして!いつも楽しく見させて頂きありがとう御座います!

    上記のからあげさん等コメントにあった通り、以前から十兵衛の目的は煉獄によるあばらの骨折だと書いてありましたが…もう確認されましたか?

    やはり日拳の天才相手の十兵衛の実力と加味すると、格闘技やったことある人なら分かりますがせまいリング上での十兵衛のような策士タイプは出せる最善手が狭まれるんですよね。
    となると煉獄決めたくらいじゃまだまだ徳夫有利だと思います。
    実力差がかなりあると思います。

    • くそぶひさん
      コメントありがとうございます。
      一応、骨折具合を高野が確認してましたが、徳夫は折れていないと言ってましたね。

      確かに単純な格闘術自体は徳夫のほうが上なので、他にも仕込みネタがないとまだまだ十兵衛は厳しいでしょうかね。

      ただ、ストーリー的に十兵衛が勝つ可能性が高いのも事実なので、確実に次の山があると思います。この後にも注目ですね。

  • 高速の後ろ回し蹴りセコンドが既に屍を仕込んでいるかもしれませんね。胴着に笑
    止めたはいり、肋骨等が折れてない確認。

    折れてなければ屍を塗布?仕込み?

    まぁそんなことしたら十兵衛さんちょー鬼畜っすね。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。