喧嘩稼業9巻 感想や描き下ろし解説




管理人の九兵衛です(^^)

先週は掲載予定だった83話がヤンマガに掲載されませんでしたが、本日(11/20)コミックス9巻は無事に発売されました!

細かい掲載内容は毎週感想をアップしていますので、ここでは割愛させて頂きます。

喧嘩稼業 9巻レビュー

表紙「里見 賢治」

 

収録内容

62話「最速連打」
63話「魂は燃えているか」
64話「第三候補」
65話「傍耳(かたみみ)の龍虎」
66話「恐ろしいのは」

※連載時との話数がズレています

連載時との変更点

今回はコマなどの細かい箇所の修正点はかなりあったように思えます。

ヤンマガと完全に比較したわけではないので、あくまで自分の記憶の中での照らし合わせなので間違っている部分もあるかもです。

タンのセリフ部分などは間違いなく追加されています。

 

★以下追加箇所

・第三試合を観戦するアンダーグラウンド関係者
・櫻井の回想シーンで名護との修行場面
・入江が煉獄を入れた時の青木と山本海のコマとタンのセリフ
・入江セリフ「ちょっと信じられないくらい強いじゃないか」コマ割り
・櫻井がシカップ・ナガを構えたときのアングラ陣営
・観客にバルトロメウス・バッツドルフ(B・B・B)がいる

 

パッと流して見て気になった箇所はこのくらいですかね。

基本設定として連載時には第三試合をアングラ陣営が見ているという設定自体がなかったため、単行本ではタンのセリフや観客等の描き足しが多いですね。

タンの横で観戦している謎の男の正体は相変わらず不明なままで髪型くらいしかハッキリと描かれていません。

 

他にも気がついていない細かいコマ割りなどの変更はありそうですね。

思っていたよりも掲載内容のほうの修正も多くて、本編のほうも素晴らしい出来上がりでした。

 

書き下ろし追加部分

最格エピソード『里見賢治&上杉均』

基本的には連載時に掲載された2話分と同じ内容です。

 

パッと見た感じでコマ割りなどの変更が一部あったように思えます。(比較していません。あくまで私の記憶上です)

 

追加エピソード部分として

里見が上杉に「勝ち上がってください。跪かせて弟子にしたい」と言ったところで連載では終わりでしたが続きが追加されています。

 

里見が道場を出ると山本空が車で待っています。

車内の会話では里見がトーナメント当日にどう動くのか、里見の陸先生への思いなどが分かります。

 

時系列はトーナメント当日に戻り、十兵衛VS徳夫戦の直前まで戻ります。

ホテルマンを通じて里見は十兵衛が裏で仕込んでいることを教えてもらい、アリが単独で動くという情報を掴みます。

 

髪を縛って臨戦態勢を整えて十兵衛VS徳夫を観戦しだした里見・・。

十兵衛が徳夫にフライング煉獄を決めたところで終了。

このときまでの里見陣営の動きがよく分かるエピソードとなっています。

 

感想

連載が進みませんが、コミックスの描き下ろし部分で新しい話が読めるのは嬉しい限りですね。

最初は9巻の表紙が里見で「何で?」って感じでしたが、収録内容は里見賢治メインの構成という感じでした^^;

 

連載時で判明している部分の時系列までで気になる箇所でいうと、里見がアリを襲撃したかという部分ですが・・

 

第四試合の金隆山VS川口の終盤にアリが田島と試合観戦しているコマが登場してしまっているため、工藤の部屋に単独で出て来たアリを襲撃したということはなさそうですね。

 

というよりも時系列的には、上杉との密会の後に新ルールとして「トーナメント出場者およびその関係者の暴力行為はいっさい禁止する」という事項が追加されてしまったので、

 

アリの襲撃はルール上NGなような気もしますが、田島陣営なら田島的にOKなら問題ないという考えなんでしょうかね。

 

とりあえず現時点で一番進んでいる時系列でも里見はまだ動いていません。

あとは第2試合の途中くらいから里見が急に髪を結びだして、連載で急に髪型が変わった時は「またよくわからん細かいボケを入れてきたなぁ」くらいにしか思っていませんでしたが、実は裏で戦う準備をしていたという意味がしっかりとあったのも驚きでした。

 

追加部分で気になるのはそれくらいですかね。

 

あっ、最後に朴●顕ネタもぶっこんで来ていましたw

『安友は移動しただけ、、、安友は・・。』

(じゃあパクはどこに?なにをヤっちまったんだ?)というネタですw

このネタは使ってもよいのか・・。

(知らない方は「朴鐘顕(ぱく ちょんひょん) 事件」などで検索してみてください)

 

まとめ

この先、上杉がどう動くのか、芝原戦で勝てるのかどうかで田島襲撃に繋がるかどうかもまた変わってきますね。

芝原に再起不能くらいのダメージを負わされれば田島を襲えませんからね。

 

ちなみに、個人的な予想では第五試合は上杉が勝ち上がるかなーとは思っています。

 

芝原もまた裏でコソコソ動くタイプなので早々に退席して裏で活躍するのではないかと予想してます。

芝原が十兵衛に対して言っていたセリフはそのままブーメランなんじゃないかと思っています。

芝原剛盛こそ十兵衛たちが手に入れて初めて「最強の駒」になるのでは・・。

 

そんな気になる第五試合の掲載があるかも?

次回の喧嘩稼業83話の掲載予定は来週11/27(月)発売のヤンマガ52号の予定です。

喧嘩稼業10巻レビューはこちら



26 件のコメント

  • 九兵衛様

    今週も喧嘩家業は掲載されませんでしたが、単行本は無事発売されて
    単行本の追加要素が有りますので必読ですね。
    里見の髪型が変わった時は気にはなっていましたがいつもの事だと思い
    スルーしてましたね(笑)。
    田島襲撃の件ですが、状況しだいでは上さんは敢えて負けて余力を残したまま
    襲撃を敢行すると言ったシナリオもあるかも知れません。
    上さん、芝原両者共に田島との因縁があるので第五試合は非常に楽しみではあります。
    (一番楽しみなのは第六試合ですがね。睦夫ww)

    タンの横にいる謎の男は誰でしょうかね~?
    一巻の途中で『陰の代表的な存在』とタンが言っていたのが唯一の情報、

    • 裸将ハンさん
      コメントありがとうございます

      9巻のほうはなかなかの描き下ろし量になっているかと思います!
      里見が髪を縛っていた理由がちゃんとあったのはなかなか仕込んでいますよね。

      タンの横の男はまだしばらく正体不明なままでしょうかね~

  • 久々の更新お疲れさまです。
    なかなかヤンマガに掲載されないのが残念ですが、無事9巻が発売されましたね。
    新刊は里見が髪を縛っていた理由など試合裏の様子が垣間見れて良かったです。
    本編の方は文さんが腕を折られる話で終わるのでコミックス派の人からしたら「まさか文さん負け?!」となりそうです。試合決着まで掲載してほしかったですが、あえて9巻は櫻井裕章の「強さ」をみせるため一冊にして文さんの大ピンチで終わらしたのかもしれませんね。
    試合以外の部分では里見がいかにして田島に負傷をさせるか策を練ってますが個人的に里見は小物っぽいので返り討ちに合いそうですねw(里見ファンの方すいません・・)
    田島を襲うのは上杉になってますが第5試合の前に実行するんでしょうか?(試合後だとダメージを追っているかもしれないからという理由を言及されていた気がしますが読み間違えているかもしれません。。。)

    • ハートブレイクさん
      コメントありがとうございます

      なかなか掲載されずに更新もできない日が続いております^^;
      何か掲載以外の更新も週1度くらいはしたいとは思ってはいますが・・。

      コミック派の方からすると、なかなか長い戦いが続いていますね。
      櫻井の強さを強調させるのは連載時にもあったので切り方としては良いかもしれませんね。

      確かに里見はちょっと小物感がありますねー。
      田島襲撃の件は、上杉が試合後に医務室に田島を呼ぶとかなら自然な流れで襲えるんじゃね?的な会話がされていますね。

      おそらく上杉が勝ち上がる前提で第五試合後に実行するのだと思われます。

  • 更新お疲れ様です。
    喧嘩稼業は毎週掲載されれば、ホント、ヤンマガの看板漫画になると思うのですがねぇ。。面白すぎますもん。
    私は、木多先生はなんだかんだで、王道は外さないので、カブト対反町ありそうな気がします。
    むしろ、関とか里見は小物臭が凄いので、壮絶に負ける気がしますし、負けてほしいです。
    個人的には文さん対工藤が見たいけど、無理かな。文さんの工藤攻略法が気になります。

    • ちひろさん
      コメントありがとうございます

      毎週やればヤンマガの看板になりますよね。
      カブト対反町はどうなりますかね。結局はやりそうな流れにはなっていますよね。

      文さんと工藤の試合も確かにみたいですが、十兵衛がきっちり勝ち上がりそうですね・・。

  • 更新お疲れ様です。

    早速、9巻読みましたが、加筆、コマ割り修正の量が半端じゃないですね。

    以前もコメントさせていただきましたが、自分はヤンマガ掲載時の「喧嘩稼業」を全部切り取ってありまして、単行本化された時に見比べるのですが、9巻はここでは書ききれないくらいの量でした。

    週刊連載では、カットしなければならない要素を単行本では余すところなく載せた感じですね。

    これなら「休載が多いのも納得」と自分に言い聞かせています(笑)

    • ひろさん
      コメントありがとうございます

      修正の量やはり多いですよね^^;
      自分はすべて確認はしていませんが、毎回ブログにアップするので結構コマも覚えてたりするんですが、9巻はかなり微妙な違いを感じましたね。

      根本的にアングラ陣営が観戦している設定が追加されている分、こまかい描写の違いとか出ていますかね。

      ここまでのこだわりを見せてくれるのは嬉しいところですが、できれば話を進めてほしいところではありますね^^;

  • 九兵衛さま。更新ご苦労さまです。

    9巻、とても濃く綺麗にまとめてきた作品でしたね。連載時に挟まれた試合後徳夫や里見エピは、当時は気合の入った櫻井文学戦の中待たされる感がありましたが、こうして再構成された単行本化されると、一冊の本としての完成度に重きを置いているのは明らか。前巻の佐川親子殺人の経緯追加など、最終完成品はやっぱりコミックスなんですね。物語としては止まってしまう櫻井・文学戦ですが、加筆含め上杉里見話で過去エピ持ち出し話を深く進行させ太くしている。。連載読者は先を知っているのが惜しいけど、こういう作りだからこそ稼業は嬉しいものです。昔の大友克洋がAKIRAのコミック化でいかに連載のコマ構成を変え加筆し拘ったか、講談社のAKIRA本で見た記憶が思い出されます。木多先生、力入れてるのは読者には伝わりますんでそんなに怒っていませんよw (持ち上げて置いて、二度目の龍虎にプレッシャーを与えてみる) 長〜く待ってますから。

    >芝原剛盛こそ十兵衛たちが手に入れて初めて「最強の駒」になるのでは・・。
    九兵衛さんのこれ、なるほどと思いました。植芝塩田格の戦前派武術家は稼業漫画世界では理に落ちないので、上杉かなとぼんやり思ってましたが、今回、優勝後の田島戦を意識させ始めたのでじっちゃんとの共闘は見てみたいですね(^-^)。

    • まだかまだかさん
      いつもコメントありがとうございます

      確かに一気読みすることにより何か凄みが出てくる感じがしますよね^^
      木多先生には喧嘩稼業読者様、等ブログのコメント常連者様の熱いメッセージが伝わることを祈っております。(とにかく描いてくれ!w)

      芝原はちょっと不気味な存在ではありますよね。
      十兵衛がトーナメント前に絡んだ数少ない出場者ですし、十兵衛の上を行く戦略家でもありそうなので、合気の技もですが芝原曰くの陰陽トーナメント必勝法という陰側の技戦い方も見たいですね。

  • 更新お疲れ様です、ヤンマガを目次だけ見て買ってしまい激怒した後に9巻を買って加筆で喜んでいるものです。
    いや、ホテルマンが里見とも通じていたというのは驚きでしたが。
    田島が主宰する試合なのに田島の部下の可能性が高いホテルマンと通じていて大丈夫なのかと…
    しかも里見は田島の事を誤解しているし…あらゆる意味死亡フラグだらけで心配になってしまいます。
    あと、佐川徳夫が敗北した直後にヨシフの下のコマでホテルマンが太った白髪の男といるけれどこれも何かの伏線なのかなと考えてしまいますね。
    私の予想としては第五試合は芝原が勝つのだと思いますから(その方が第六試合でどちらが勝っても二回戦が面白くなりそうだから)、
    そこから里見が瓦解していくのだと思いますね。
    私的に一番気になるのは芝原なんですよね~里見と上杉がこれだけ動いている中、
    十兵衛の策略の上を行く芝原の行動が何も描かれていないというのが気になって仕方がありません。
    芝原が佐藤十兵衛の佐川徳夫対策(試合開始直前奇襲、屍)以上の卑怯な戦いぶりを見せてくれるのを楽しみにしています。

    • コタツ籠りさん
      コメントありがとうございます

      先週はガセ予告ありましたね^^; (自分は買わずに済みました)

      確かにホテルマンが田島と繋がっている可能性は高い(というかほぼ確実)でしょうから、里見の行動は常に田島の下をいっている感じがしてしまいますね。

      >>>あと、佐川徳夫が敗北した直後にヨシフの下のコマでホテルマンが太った白髪の男といるけれどこれも何かの伏線なのかなと考えてしまいますね。

      太った白髪の男は薩摩ですね。
      反町の初登場エピソードの入団テストでボコボコにされて腕を折られた大和プロレス最弱の男ですね。
      薩摩さんは陰陽トーナメントではカブトのセコンドについています。

      おそらくこの場面は伏線にはなってないかなーとは思いますが、、、確かに確認してみたら同じホテルマンですね。

      確かに芝原は今後どう動かすのか残ったメンバーだと一番気になりますよね。
      伏線も残っていますし、勝ち上がっても初戦敗退しても役に立ちそうですからね。。。

  • 更新お疲れ様です。ほねです。
    ヤンマガが売っていたので立ち読み。目次を見たら喧嘩稼業がのってるやったあと即買して家でみようと思ったら…。あれ?おかしいな?どこにものってねえぞ?…木多あああああ!!
    稼業新刊が発売という情報を聞いたので本屋へ行ったが売ってませんでした。また失踪か…と思いましたが、単行本の方は発売しているんですね。別の本屋に行こうかと思いましたが、車のガソリンがなかったので今度にします。
    追加描き下ろしはあるのは嬉しいですね。休載は嫌ですが。安友さんは瓶子さんに比べて木多さんの事を理解してくれてたみたいなんで、安友さんがいなくなった途端稼業修了なんてことにならないかひやひやしています。

    • ほねさん
      コメントありがとうございます
      9巻はなかなかの描き下ろし量に仕上がっております^^
      担当さんは新しい人がついてはいないっぽいですかね。細谷さんという人だけでやっているんでしょうかね。
      新しい担当つけば単行本にキャスト追加されるとは思います。

  • 九兵衛さん更新お疲れ様です。
    新刊、細かいところまで描き下ろしされていて木多先生のコミックに対するこだわりを感じられてよかったです^_^
    come on!K助ネタがなかった事だけは残念ですが。笑

    描き下ろしじゃないかもしれませんがひとつ気になった事は、名護と桜井の回想シーンで「御殿の奥義は初見になるつまり後の先をとれるようにしないとな」というところで、桜井は中学生の頃御殿の奥義を使う相手と戦うために名護のもとで修行してたのかなと思いました。

    • 門太さん
      コメントありがとうございます

      櫻井の回想シーンですが、一応沖縄で修行していたというのは描き足し部分ですね。
      誰かを想定して練習していたのかもしれないですね。

      あと、るろ剣の作者が幼女のビデオ所持で書類送検されたようなので、come on!K助より先に剣心に似たロリコンキャラとかが登場しそうです^^;

  • 更新お疲れ様です。
    当初、里見の表紙が分かった時には川口の表紙登場タイミングの危機かと思いましたが、この分だと
    第4試合は10-11巻に跨りそうですかね

    里見の髪型はなるほどなと思いましたが、観戦中の里見のテンションを見るに、熱中し過ぎてうっかり機を逃してないか心配ですw
    来週こそ掲載されることを祈ります

    • ろくさん
      コメントありがとうございます

      10巻と11巻は川口、金隆山と表紙が続きそうですね。
      里見はそもそもアリに勝てる実力があるのかも疑問ですね^^;

  • 更新お疲れ様です!
    ここにきてついに月1ペースすら破られてしまった稼業ですが、単行本が発売されてとりあえず安堵しています。
    改めて一気読みすると櫻井まじ強ぇ〜。文さんが腕を折られた時の絶望感が蘇りました。
    名キャラだと思うのでここで作中から退場せず、また何らかの形で出てきてほしいもんです。
    加筆修正の量が半端じゃなかったですね。
    里見と空の会話シーン、里見と空とホテルマンのやりとりなどとてもよかったです。
    髪縛りもちゃんと意味あったんだ〜!って感じですね。
    しかしもう里見が空に対して敬語調なのは確定なんですね。w
    他の方も予想されている通り、里見の謀略は結局全部田島に読まれていそうな感じしますね。

    • うぐいすさん
      コメントありがとうございます

      櫻井はだいぶ後の話だと思いますがこの先も本編に登場すると思いますよ。
      今のところ敗者側は梶原、徳夫、櫻井までは次回登場枠がほぼ決まっている感じですね。

      里見のキャラ設定は結構後付けしている感じあるので、化けさせるのかもしれないですが、まぁ捨てキャラにするような感じはしますね。

  • 更新おつかれさまです
    とりあえず無事に単行本が発売されて安堵ですね
    里見の裏工作も気になりますが、木多先生が和月(る○剣)ネタをやるために、
    ギャグパートに脱線しないか心配です(笑)

    • カタスマーさん
      コメントありがとうございます
      るろ剣ネタは使いそうですが、とりあえず次回の作者コメントで「幼女好きの侍が漫画に登場することはありません」みたいなコメントは載せるでしょうねw

  • 更新おつかれさまです。

    煉獄のときの海(加筆)、飛行機に乗ってるみたいでしたが
    そもそも海はマカオに行ってましたっけ?
    個人的には陸がらみで動いてるのかもと思ってますが。
    試合間の挿話で回収されるのでしょうが、はたして・・・

    • buzz兵衛さん
      コメントありがとうございます

      山本海は僕も少し気になりました。
      確実ではないですが、流れから考えてマカオに来ていないかなとは思います。
      立場上、進道塾の代表としてトーナメントに出ないといけないのにパスしているわけですから会場にも来れないのでしょう。

      山本海も進道塾生ですからね。逃げるのはお得意?
      山本陸登場時か、第五試合の上杉の掘り下げエピソード等で伏線回収される可能性はありそうですね。

  • お疲れさまです。
    個人的には里見、上杉なしで決着まで文さんvs櫻井をやって欲しがったです。
    最強の2人なわけで、このトーナメントでこれ以上の戦いはないので、その方が最高の単行本になったかなと・・・
    チェーンパンチが本当にある技だって初めて知りました(笑)
    あまり評価は高くないですが自分は当初から里見が文さんか十べいの決勝だと思ってます。
    我浪伝の姫川的存在に思えます(笑)
    煉獄を簡単に破る奴がトーナメントの1、2開戦で負けるとも思えません。
    ただ・・・田島に「お前死ぬな」と言われたのは気になります。

    • Tさん
      コメントありがとうございます
      里見は確かに餓狼伝の姫川っぽいイメージはありますね。
      空ではなく完成された煉獄使いを相手にしたらどうなるのでしょうかね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。