喧嘩稼業ネタバレ84話の感想「里見と十兵衛」




2017年12月25日発売のヤンマガ4&5号に掲載された喧嘩稼業84話のあらすじと感想まとめです。

※感想はネタバレ含みますのでまた読んでない方は注意してください

 

~これまで~

陰陽トーナメント一回戦第四試合は激闘の末、横綱金隆山が勝利した。

だが試合のダメージは深刻なもので試合直後に命を落としてしまった。

トーナメントは一回戦の後半戦へ。各選手の動きが気になるが・・

 

喧嘩稼業84話あらすじ

 

 

里見と山本空は動く

コーナーマットが勝手に変更されたことに対して

何の説明がないことを理由に田島に電話をする

 

田島はアリを行かせて説明をさせると対応した

里見と空はアリをおびき寄せる作戦を遂行している

 

うまくアリをおびき寄せる手順を進めた里見だが

道中で紙袋を抱えた十兵衛とすれ違う

 

里見は十兵衛に話しかけて何をしているか問う

十兵衛の取った行動は?!

 

 

84話の感想

今回は26ページ増の予定だったようですが、木多先生が落としたようです。

しかも自ら「20ページじゃ収まらないから26ページにしてくれ」と申し出て落としたようです。

なんて自由な漫画家だ。例えるなら「るろうに」のようだ。

 

なんてことは毎度のことなので置いておいて・・

掲載内容はなかなか読み応えがある内容でしたね。

9巻が発売されたばかりの内容なので連載よりも早い間隔で読めた感じありますね。

 

今まで個人的には里見は噛ませ犬感が半端なかったんですけど、

ちょっと今回の十兵衛とのやり取りを見ていると化けるかもしれんなと思わさせられました。

84話で気になったポイント

1.中国語が話せる里見

里見が従業員を選んだ理由は

日本語が話せて読み書きをできたということでしたが、

「お前も中国語話せるんかい!」って思いました。

従業員も中国語話せるのに日本語の得意な従業員を選んだ理由は少し引っかかりましたが・・

 

まぁ里見は「意思の疎通を考えれば彼しかいない」と言ってたので

中国語を話せるだけでは意思疎通までは難しいというニュアンスなのかもしれませんが・・。

 

十兵衛があえて日本語を話せる従業員を使って細工する理由は

里見のさらに上をいく細工をしているようにも深読みできないこともないです。

 

 

2十兵衛の紙袋の伏線

カワタクと控室で会話していたときから

気になっていた十兵衛の紙袋ですがやはり伏線になってましたね。

 

中身は里見も気にしていましたが、

十兵衛は里見にはメリットしかない物だと言っています。

 

おそらく中身は本当に里見にとってはメリットしかない物なのかと思います。

 

下ブロックメンバーの誰かを潰すアイテムなのか

対工藤戦用の細工なのか

何にしても確かに里見にはメリットしかありませんが・・。

 

3.時系列

最初に里見とすれ違ったおっさんは金隆山のセコンドでしょうか。

 

 

とすると、このやり取りは第四試合直後で

親方が金隆山の怪我の治療のため急いでいるところですね。

(連載だと先週の金隆山死亡の回)

 

もしくは試合開始前で急いでいるとこなのか・・

ちょっと判断がつきにくいですが、

第四試合をアリと里見が観戦しているので、ここは第四試合直後の出来事のように思えます。

 

そうなると、第四試合の最中にアリが無事だったのも話が繋がりますね。

 

時系列まとめ

徳夫戦直後⇒コーナーマット回収⇒第三試合⇒入江負傷で手術室へ⇒十兵衛が紙袋持って移動⇒里見も同時くらいに動く

 

 

里見は試合の最中は解説で登場していたので、やはり第四試合直後の出来事でしょうか。

 

つまり上杉対芝原が始まる前にアリの身に何か起きるか、里見が返り討ちに合う可能性はありそうです。

まとめ

今年の連載もこれで今回で最後でした。

当ブログの更新も今年最後になります。

今後は掲載回のみにひっそりと更新するような月イチ更新(稼業の連載頻度次第)って感じになると思いますが・・

 

まだまだ来年以降もブログ続けていきますので、今後ともよろしくお願い致します。

それでは皆様、よいお年を!

 

喧嘩稼業考察ブログ管理人:九兵衛

 

※次回の掲載予定は8号(1/22)です。



38 件のコメント

  • 減ページでしたが何とか掲載されていて良かったです。
    和月先生いじりもあって笑いました。
    今回は里見の洞察力と機転がよく描かれていましたね。
    十兵衛がかなり押されていて新鮮でした。
    やっぱりカブト負けちゃうんですかね。
    プロレス対決も見たくはあるんですが中国拳法対総合も面白そうだと思います。
    まあ反町が勝つかはまだ分かりませんが。

    • 上さんさん
      コメントありがとうございます。
      確かに十兵衛が押される場面見ていて新鮮でしたね。
      カブト対反町は実化しますかね~
      見たいは見たいですが、ちょっと里見も気になってきました^^;

  • 九兵衛さま。更新ご苦労さまです。

    今年最後になってのこの展開を読むのは流石に難しかったw ちょっと懐かしく思ってしまうのは調教済みだからでしょうかw 報道漫画家として埋め草ネタがあって良かったですね、木多先生ドンマイ!
    コミック加筆分から続くシーンとして願い出された増ページ分の本来の進行はどうだったのでしょう。
    アリのその後の行動は既に描かれていたので、アリには波瀾無し過去エピ確定。 相手を十兵衛へと即座に変化したり空の最善の対応や上杉との回想シーンを入れたりと、ここに来て里見のキャラの力量を上げてきていますね。記者会見の噛ませ犬感は減少です。 十兵衛のエビデンス袋はカワタクバナナですが、富田流控室の会話有る無しにメディカルルームでの何らか調達は陰陽大会前からの作戦みたいですね。と、ここまで書いて九兵衛さんの更新を発見。 うん、時系列はあっていますよね。金龍山逝去の報は冒頭から絡んでいますし落として足したページなので信じて良い所。 ただ背景カットの多い構成は、本来は今週最終ページに持ってくる予定だったのでは無いかと素人推測。 なので実質3ページ分は何か里見と十兵衛のやり合いがあったハズ。あー、でも分かんないよー。(TT) この場面で、里見に嘘を言う・真実を言う(解釈自由な程部分的に)、と場合分けして進めても余り意味ないですよね、予想手が無限に多く。ゆっくり待ちましょうね。

    今年のベストバウトは、櫻井vs文さんにつきますね。 龍虎。
    掲載ペースは平山夢明・井上雄彦先生で鍛えられてますので、九兵衛さんの更新とともに盛り上がる今の感じに慣れて来ていますw
    今年、九兵衛さんやコメントの皆様のおかげで、喧嘩稼業を何倍も楽しめたことは(講談社にも)胸を張って言っておきたいです。
    それでは、来年も宜しくお願いします。みなさま良いお年を〜(^^)/

    • まだかまだかさん
      コメントありがとうございます

      確かに里見をどんどん強く見せる演出が目立ちますね。逆にカブトは稼業になってからはほぼノンタッチですからね。

      この漫画はやはり陽側ヒイキ感は否めませんね。

      それでもなんだかんだでカブトが試合には勝ちそうな気がしますが・・。

      十兵衛と里見のやり取りの続きは、本来掲載したかった26P内であったようにも思えますね。

      というか、追加分の漫画書く労力は平気なんかとツッコミたくなりますがw

      今年もコメントありがとうございました。

      私のベストバウトは今のところは梶原VS工藤ですが、、これはすでに開始時だと3年も前なんですね^^;

      年間1試合ペースなので、そう思うと本当にトーナメント編すら完結するか不安しかないですが、、、来年以降もよろしくお願い致します。

  • ボイラー室といえば佐川兄弟のアンダーグラウンドが行われるはずだった場所ですね。何か引っかかります。アリ襲撃がまさかの睦夫によって阻止されるという神展開がありそうな気がしてきました。いや、ないかなw

    • ボイラー室の佐川兄弟は自分も思い出しましたね。
      同じ場所で行われているよということを強調したいんですかね。

      十兵衛と里見の絡みを見て思いましたが、もっと他の選手同士の絡みも見たいですね。里見と睦夫とかも面白そうですね。

  • 里見があの従業員を選んだのは、他の選手が小細工する場合あの従業員を使うと考えたからじゃなかったでしたっけ。

    • 上さんさん
      他の選手が使うとしたらあいつだから同じ従業員にしたって感じですかね。

      言われてみれば確かにそれが理由っぽいですね。

  • 途中までクッソ面白かっただけに、ニュース画面に苦笑い
    会見では里見は雑魚ポジだったのに、俺の中で一気に株が上がってます。かっこいい

    後、里見は中国拳法を学びに行ってたんだし、中国語はいけるのは自然じゃないですか?
    日本語話せる従業員を選ぶのも、工藤への嫌がらせ・佐川兄の操作って他の選手を動かす場合に便利ですし

  • 九兵衛さんお疲れ様です。
    朝の忙しい時間帯に読んでいたのでここで理解を深められました。ありがとうございます。
    1年間お疲れ様でした。来年も頑張って下さい!

    • 栗中華さん
      コメントありがとうございます
      今年もコメントありがとうございました!
      また来年もよろしくお願い致します。

  • 私も里見の評価が上がった会でした。咬ませ犬…いややるぞこいつ!!
    梶原さん、芝原さんあたりもそうでしたが、十兵衛と五分の会話の駆け引きたらキレもの確定ですね。逆にあっさり釣られたらバカ認定。
    残ってるメンバー全員と十兵衛の会話を描いて欲しいと思います。

    • 零式さん
      コメントありがとうございます
      そうなんですよねー。石橋はダメダメでしたからね。里見が生き残りメンバーだと梶原に変わる木多先生のお気に入りな感じしますね。今後も十兵衛との絡みも見たいですね。

  • このサイトを知ったのが結構最近なのですが、楽しく拝見させていただいています。
    今年1年ありがとうございました。
    さて、電子書籍派の自分は毎回試し読みで喧嘩稼業が掲載された回だけ購入しているのですが、正直こういう回は笑いよりもイラっとします。稼業のためだけに買っているのに・・・
    ...ダメですね。もう少し人生に余裕を持たないと。

    • 新参者さん
      コメントありがとうございます。
      確かにいきなり切り替わると萎えるところはありますね。
      来年もよろしくお願いします!

  • お久しぶりです。

    仕事が忙しくて金隆山の死亡回を見逃したダイです。
    トーナメント出場者の死亡という最後のカードを切った以上、今度は順当にカブトが勝ち上がると思うんですが、里見が屍の正体を十兵衛から聞き出して、カブトが再びの屍で死亡とかもあるかもですね。

    次は達人対決ですけどどうなりますかね。
    個人的には上杉に勝ってほしいけど、もうこの漫画には予想では読めないところがあるので、直感で芝原の勝ちに100000000000000000000ジンバブエドルかけます

    • ダイさん
      コメントありがとうございます
      不定期だから忙しいと見逃しちゃいますよね。
      芝原と上杉の試合はどっちが勝つのはマジで分からなくなってきましたね。
      勝敗的には一番分からないカードかもしれません。

  • 更新お疲れ様です。初コメさせていただきます。
    十兵衛を相手にかなり優位に会話を進めていて有能感を漂わせていた里見ですが、何だか梶原さんとダブる感じがして試合は負けてしまいそうな雰囲気が出てきたと思ってしまいました。

    • お茶腕さん
      コメントありがとうございます。
      確かに梶原さんと重なる部分ありますね。逆に勝ち進むのかもしれませんが、、、カブトは反町との因縁ありますし、トーナメントではカブトが勝ちそうですね。

  • 更新お疲れ様です。ほねです。
    肉弾戦のみの脳筋バトルで対戦が終わったら友達になる…とかよりもどろどろと裏で小細工しあってつぶし合う戦略系のが好きです。最近里見ピックアップで急に株が上昇してきました。新刊の書き下ろしも里見プッシュだったし。芝原おじいたんは空港以外でなんか動きありましたっけ?次出番なのに。なんか動き欲しいですね。それでは良いお年を。

    • ほねさん
      コメントありがとうございます。
      芝原は空港以外では特に動いてませんかね。
      試合もそろそろ始まりますし、十兵衛との伏線回収もありそうです。
      良いお年を。

  • 初コメ失礼します。
    更新ご苦労様です。
    いつも楽しく拝見させてもらってます!

    田島はこない,,,と里見が考えてますが、
    田島が手をうってないとも思えないですし
    田島登場で、里見が退場ってことはないですかね。

    それなら早々と表紙に登場したのも、やや納得できるような、、、展開がよめない、、、

    • 純兵衛さん
      コメントありがとうございます。
      確かにここまで田島が目立つ動きしていないのも気になりますが、田島はあくまでも賞金など出している主催者側なので、あえてトーナメントメンバーを潰すみたいなことはしないとは思いますね。

      ただ襲われた場合は規約違反になるのでやり返すかもですが。

  • 更新お疲れ様です。
    いきなりのるろ剣ネタに拍子抜けしましたw
    十兵衛と里見の頭脳船が狐と狸の化かし合いで面白いですね。そのせいで山本空がかなり小物にみえてしまいますw(一応煉獄使えるのに)
    アリが狙われてますが今後の展開として田島が里見達の思考や行動を先読みして、なにか仕掛けているように思えますね。最終的には誰も傷つかずにそのまま第5試合が行われると思います。
    来年もよろしくお願いします。

    • ハートブレイクさん
      コメントありがとうございます。
      るろ剣ネタはついにって感じでしたねw

      確かに田島の能力の高さをここらへんで見せておきたいところはあると思うので、里見より上を行く攻防を見せてくれそうですね。

      なによりもアリが空の煉獄で仕留められる姿はなさそうです。
      来年もよろしくお願いします^^

  • 「あんたにはメリットの(ry」のページの下半分からが差し替えでしょうか?
    ニュースページの真ん中のコマは「地球の重力が重くて動けない」のシーンですねw
    切り貼りと文章のみならば比較的労力は要らないと思います
    手塚先生はよく使っていたような……

    上杉VS柴原は、勝敗予測はできないものの煉獄が破れそうな気がします
    現状体力切れまで耐えるしか無い煉獄ですが、正面から敗れるのであれば
    魔神薬で研ぎ澄まされた合気の極みというのが有り得そうです

  • 里見にはメリットしか無いもの…

    後藤医師のところから、芝原専用の鎮痛剤とか
    ドーピング用薬剤を盗み出してきたとか?

  • 十兵衛と反対側ブロックの里見にとっても有利になるアイテム。。。
    エナジードリンク発言でドーピングを匂わせて話を切り上げようとしてましたが
    割と冗談抜きでドーピング関係のアイテムかもしれませんね。
    ドーピングと言ったら芝原のリングドクターの後藤先生。
    後藤先生から薬を貰えないと悟った十兵衛なら逆に
    芝原側の禁じ手ドーピングを田島や上杉にタレこむことで今後の展開を有利に運ぼうとしても不思議ではないと思います。
    或いは、後藤先生の薬と併用したらトンでもない副作用が起こるような薬を
    芝原に飲ませようとしてたりしてw

  • 袋の中身はデスフルランの気化器じゃないですか?
    文学がデスフルランによる全身麻酔を拒否したからそれをくすねたと。

    • ななひろさん
      なるほど。デスフルランの気化器がどういう物なのか、よく分かりませんが当たってたら凄いです!

  • 芝原が絡んでいるとすると里見にとってのメリットは見当外れになりそう。
    十兵衛も里見が上杉との直接対決を望んでいるとは思わないだろうし逆効果になる。

  • 今年一年ありがとうございました
    私の予想では恐らく里見はまだ十兵衛に騙されていていると思いますね
    皆さんと違って私の中では小物感が一層増しました
    おそらく、中身は軽いもの若しくは何も入っていない(本物は川卓あたりに運ばせている)で第五試合の妨害に使いたいと予想します

    そもそも十兵衛ほどの策略家があんな風に紙袋を持つでしょうか?
    取っ手の無い紙袋ならば下だけ持つのも不自然ではありませんし抱えるように持つのもありでしょう。
    それよりもルール違反をしているかもしれない十兵衛にとって最悪で里見にとって最良の方法があります
    「紙袋の中は毒物か暗器かもしれないから今からアリを呼んで、紙袋の中を検査させる」
    この一言だけでかなり里見的に優位に立てると思うんですよね
    また、十兵衛が何を言おうとそれが真実である確証はない以上現物を確認しなければ意味が無いのだから「見せろ」と言うべき
    更には携帯の画面が電話中見えています、つまり十兵衛には時間が無い事がバレバレです、恐らく騙されて終わるでしょう、
    そこに気が付かない里見はまだまだだと思います

    きっと、十兵衛がしようとしている事は上杉を負かせようとする作戦なんだと思いますね
    富田流の立場で考えれば十兵衛が工藤を倒せば八百長でどちらかが決勝戦です
    その決勝戦の相手が芝原以外だとしたら交渉次第によって後藤からドーピングが手に入ります
    そうすれば決勝まで3試合でボロボロの相手と、金田レベルのドーピングで回復している文学OR十兵衛です、富田流の優勝は間違いないでしょう
    だからこそドーピングが効かない煉獄が使える上杉を倒しておきたいはずです、(芝原はドーピングを妨害すれば簡単に倒せるので)
    私の勝手な予想ですが、十兵衛は里見には対工藤戦と言いながら第五試合の罠を仕掛けているのだと思いますね
    芝原が負ければドーピング解禁の可能性があり上杉が負ければ強者が倒れる
    少なくとも準決勝までに両方倒れるようにする…
    一回戦で相打ちならばなおよしといった策略だと思います
    それに引っかかって里見が崩れ落ちるのかと…

    なんにせよ私にとって第五試合はこのトーナメント最注目の好カードです
    個人的には芝原押しですが、どっちが勝つかによってトーナメントの結果が大きく変わることは間違いないので注視していきたいです

    • コタツ籠りさん
      コメントありがとうございます

      確かに里見がまだ化けるは微妙なところかと思いますね。
      ただ十兵衛は普通に対処できてないんじゃないですかね。
      帰り道で人とすれ違うところまで考えて行動してないでしょうし、ましてそれをツッコまれるとは思ってないでしょうし。

      里見が上を越されるとしたら田島やアリかなーとは思いますね。

      あくまで立ち位置的に里見<田島であることに変わりないので、里見は十兵衛との仕掛け合いには勝てても田島には負けるんじゃないかなーと思います。

  • 投稿に大分ブランクが空いてしまいました。中国嫁と申します。昨年も本当にご苦労様でした。そして、お疲れさまでした。今回は、九兵衛様宛の私信のようなものですので掲載がなくても、全然結構です。ちょっと思い付いたことをつらつら、お伝えしようと思います。

    相変わらず、休載・欠頁連発等、木多先生の悪辣ぶりにはもはや驚きませんが、昨年のいろいろと想像を裏切ってくれる展開から、ふと思い浮かんだことがあります。これまでの文脈とは全く関連のない妄想ですので聞き流していただければ結構です。

    ・佐川睦夫の実の父は、恩田陸では?結局、喧嘩稼業はかなりの部分、恩田陸をめぐる、身内の喧嘩のような構造をとっている気がしています。田島は陸と睦夫を親子ガチで戦わせたいのでは。。。

    ・田島は里見が闇討ちを仕掛けてくることを読んでいて、里見は前面には出てこないと思っていた田島に返り討ちされ、自身が狙っていた片目を逆に潰され、それが元でカブトに敗れるのでは?

    ・佐川徳男のセコンド、彼が菅野に代わり、睦夫のセコンドを務めるのではないでしょうか?ここで関を中心とする柔道界の因縁系の伏線が回収されると。

    ・十兵衛は田島と組むか、少なくとも直接絡む展開が近々待っているのでは?その端緒は最新号の里見との絡みにあるのではないかと。文さんと十兵衛の間で、まさかの師弟ガチ対決もありうるのでは?

    なぜ、そう思うかというと、昨年一年を見てきて、木多先生は、人間関係の逆関節技みたいな、心底心が痛ーくなる演出が好きなような気がしてきて。

    喧嘩稼業は、技術的な、極めてドライな視点から描かれながら、一方で人間の本当のどうしようもない苦悩のようなものが背景に塗り込められた作品のような気がしてきています。

    お忙しいところ、お目汚しでした。今年も木多先生のわがまま勝手にめげず、どうか頑張ってください。大感謝とともに大応援しています!ではでは!!

  • 初めてコメさせてもらいます。

    十兵衛の「あんたらにはメリットしかないもの」というのは一回戦で強敵を減らすための仕掛けであり、紙袋は対上杉用の仕掛けだと予想します。
    5回戦前で十兵衛と文さんは上杉を警戒していたので
    展開としては、十兵衛「あんたらにはメリット」(上杉への仕掛けの示唆) → 里見「ふざけるな 上杉さんは我々と協力関係だ」というような感じで、十兵衛と里見に因縁をつけるような展開だと予想します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。