喧嘩稼業3巻の感想 高山キタ━(゚∀゚)━ネタバレ注意

喧嘩稼業3巻の感想です。

この巻で長かった石橋VS十兵衛が完結します!(涙)

収録話
15話:潜む男に怯える男
16話:バーニングマンイベントにおける乱数発生器の異常と流れの関係性について
17話:炎の微笑
18話:欲望は諦めを希釈する
19話:二兎くらいは余裕で捕まえられるだろう
20話:エレベーターアクション
21話:スキマ男
22話:やりやがったな

巻末エピソード:なし
表紙:田島彬

 

内容

~前巻あらすじ~
陰陽トーナメントに出場したい十兵衛は、トーナメント参加者の一人を倒すことを計画する。その相手こそ石橋強であった。石橋をうまく罠にハメてホテル内でのアンダーグラウンド戦までもっていき、序盤から得意のブラフなども織り交ぜて有利に展開していく。石橋を翻弄して戦い、煉獄を決めることに成功。しかし石橋は強靭の肉体ゆえにダウンするも回復も早かった。煉獄後の十兵衛はスタミナ切れとなり、石橋にラッシュを喰らい死にかけるも、消化器を利用してエレベーターで上階に逃げることに成功。仕切り直して石橋との試合が再開。

 

 

石橋は十兵衛のドSぶりに興奮していた。十兵衛を倒すべく上階に上がって行く。

 

カメラが人感センサーで反応していることに気づく石橋。それによってカメラの向きで隠れている十兵衛の居場所を悟ることができる。

しかし、それはまた十兵衛の罠で、石橋がカメラが人感センサーで動いていることには気づくから、それを利用して背後を取り金剛を決めようという作戦。

 

結果的に、この作戦は石橋の背後を取り金剛を打つところまでは成功したが、、、石橋が急に出てきたりと思った通りにいかず背後からの金剛は決まらなかった。

 

攻防が変わり石橋の攻める番となる・・。

 

ボクシングテクニックを駆使して十兵衛からテイクダウンを奪い、マウントポジションを取った。

 

十兵衛をパウンドで滅多打ちにする石橋・・・。しかし手打ちのため一撃ではKOできない。

 

十兵衛は石橋の気を引くために口を開く・・・。

十兵衛「それじゃ、頭蓋骨は割れないだろ」

 

石橋は十兵衛の話を無視すると誓っていたが、自分のプライドに関わる話だと無視できないと十兵衛は悟っていた。

 

十兵衛の挑発に軽くのって石橋は腰を上げてパンチを放とうとするw

 

そしてあえなく逆転・・・。

 

今度は十兵衛がマウントを取り、頭突きでボッコボコ。

それでも石橋は倒れない。

 

 

 

地形の不利で石橋は戦いにくいと判断して、カメラの位置を言い分として場所を変えるよう提供する。

 

 

うまく十兵衛を誘い(十兵衛はわざと騙されるフリ)、エレベーターホールに移動する・・・

 

が、、、、

 

こっからは特に石橋はいいところなくあっさりと追い込まれる感じです。

 

 

狭いところでボクシング技術を殺され滅多打ちにされたり、逃げた十兵衛を追って回転ドアで指を大怪我させられたり・・・・

 

で、、、最後は、、、、、、、、

 

WS000000

最後は富田流の高山で石橋は仕留められました。

 

 

高山は、相撲では撞木反り、柔道では肩車、プロレスではファイヤーマンズキャリーと呼ばれる投げ技。

基本的に他の流派の投げとの違いは、キン○マを握ることですw

投げる前にすでに握っており、投げる瞬間も潰すほど強く握り、相手は痛みで受身が取れない。

 

ちなみに、高山の読みは『たかやま』ではなく、『こうざん』です。

 

 

WS000002

見事、東洋のフランケンシュタインこと石橋強を撃破して佐藤十兵衛が陰陽トーナメントの出場権を獲得したところで喧嘩稼業3巻終了。

 

 

感想

長かった石橋戦がよーやく終わりましたねー。

石橋の後半の弱体化は残念ではありますが、、、まあ十兵衛とトーナメント前に組まれた時点でストーリー的に石橋は詰んでますからね。この展開は仕方ない。

 

 

石橋のキャラ崩壊も少し引っかかるところではありました。

デビルに嫌味を言っている人間と、あのドM野郎が同一人物とはとても思えませんww

 

4巻から本格的にトーナメント編という流れになるので楽しみです。

ただ、試合開始までは心理戦も長いのでまだかかりそうです。

まあ心理戦やら小競り合いもこの漫画の醍醐味ですからね。

 

3巻に関しては書き下ろしがなかったのも残念でした。

4巻以降に期待ですね。