喧嘩商売14巻の感想




収録内容

95話:強者の定義
96話:帰ってきた男
97話:十兵衛腕十字
98話:代わりの男が見つかった
99話:聖者の定義
100話:信じる愚者は救われる
101話:一撃一撃
102話:先手金田保
103話:詐欺師だよ!全員集合

巻頭エピソード:金田保
表紙:田島彬

感想

この巻はギャグほぼなしです。

金田も登場し盛り本編がますます盛り上がりをみせてきます。

十兵衛がプロの格闘家を相手にリングで戦います。

橋口も総合でプロ経験者ですが、リング上での対戦というのは始めてになりますね。

工藤に腕を折られたプロレスラーのサーモン森も再登場します。

十兵衛が修行の成果を見せ、基礎戦闘力がかなりアップしている感じです。

とはいえ、基本的には頭を使って罠を張る先述は使うので十兵衛の戦いは面白いですね。

 

喧嘩商売15巻のレビューはこちら

 

喧嘩商売全巻セット購入はコチラから

喧嘩商売全24巻完結 セット (ヤングマガジンコミックス)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。