喧嘩商売21巻の感想




収録話

152話:召琳寺拳法
153話:二度目
154話:石橋強の強さ
155話:悪魔になった僕
156話:因果性
157話:誰が駒鳥を殺したの
158話:最強の格闘技は何か?
159話:すすきの原は銀の色

巻頭エピソード:三代川祐介
表紙:石橋強

内容・感想

この巻からトーナメントの煽りが始まります。

十兵衛VS工藤が始めるのかと思いきや、トーナメント開催の流れになります。

工藤も文さんもトーナメント16人のメンバーに選ばれますが、十兵衛は選ばれていません。

そして、これまで巻頭エピソードにしか登場していなかった人物たちが一斉に登場し一人ずつ紹介されます。

この巻では喧嘩稼業のアイドル的存在、梶原さんの学生時代の姿も描かれています。

梶原さんの親父の生き様には感涙です!

 

喧嘩商売22巻のレビューはこちら
 

喧嘩商売全巻セット購入はコチラから

喧嘩商売全24巻完結 セット (ヤングマガジンコミックス)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。