喧嘩商売5巻の感想





喧嘩商売(5)

喧嘩商売5巻 収録話

29話:RUN RUN RUN!
30話:悪魔は死なない
31話:血筋
32話:荒川静香は2度笑う
33話:日出ずるところに天子
34話:拉致
35話:アミバ

巻頭エピソード:工藤優作
表紙:佐藤十兵衛

あらすじ

喧嘩商売5巻はバトルシーンは一応ありますが、島田先生のおじいちゃん(実際は父親)と十兵衛のギャグバトルがあるだけで、実際はオールギャグ巻といっても良いでしょう。

島田先生大活躍の巻です。あと、超こち亀ネタで秋元先生も登場します。

一言感想コーナー

ギャグ回もストーリーになっていて繋がってるんですが、これが意味がわからないというか、何というか急に始まる感じが独特すぎて世界観が掴めないんですよね..。

工藤優作の登場もなにげに1巻から十兵衛とヤクザの伏線が続いてるわけですが、このあたりはまだ半分ギャグ漫画なので稼業をガッツリ読んだ後読み返すと、商売の序盤は海の物とも山の物ともつかぬ感じがしますね。

 

喧嘩商売6巻のレビューはこちら
 

喧嘩商売全巻セット購入はコチラから

喧嘩商売全24巻完結 セット (ヤングマガジンコミックス)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。